進撃の巨人82話 勇者

エルヴィンは落馬で生死不明、マルロは死亡、隊はほぼ全滅という犠牲を払い、ついに獣の巨人のうなじに刃を突き入れたリヴァイだが、本体であるジークには逃げられてしまう。

一方、ウォールマリアを挟んで反対側のシガンシナ区内では104期たちが鎧と超大型を相手に消耗戦を続けていた。エレンは昏倒し、残された人員と武装ではまともにぶつかっても対抗は難しい。

シガンシナ遠征で続いた巨人大決戦も、今号でひとつの区切りとなる局面を迎える・・・。

進撃の巨人 第82話 勇者
別冊少年マガジン2016年7月号(6月9日発売)掲載

生還

ただでさえ少ない戦力をふた手に分けた104期たち。

鎧の方へ向かったのはミカサ、ジャン、コニー、サシャ。サシャとコニーは最近めっきりセリフも存在感も減り、ただコバエのように飛び回っているだけにしか見えませんが活躍するのでしょうか?

そんな鎧ですが、実は本体であるライナーのここ数分の記憶は綺麗に抜け落ちていました。解説されていませんがおそらく雷槍で頭を吹っ飛ばされ、無理やり肉体を修復したことで記憶のバックアップにタイムラグが生じたのではないでしょうか。

ライナーが記憶をセーブしていたのは戦闘開始前のベルトルトとの会話までで、ミカサたちが持つ新兵器・雷槍を食らって死にかけたことも忘れています。戦局が飲み込めず混乱したライナーはとりあえず各個撃破よりベルトルトと合流しエレンを確保することが優先と判断。群がる104期を無視して超大型の方へと走ります。

今ライナーを超大型の方へ行かせてはならない。とっさに判断したミカサは鎧の背中に追いすがり、雷槍で左膝を裏からぶち抜きます。これはかつて鎧と巨人エレンがウトガルドで格闘戦を繰り広げた時、ハンジがミカサに教えた知識。全身硬質化してても膝の裏は柔らかくないと歩けないはずとハンジに言われ、ミカサはブレードで鎧の膝裏を斬り裂いてエレンに助太刀しました。(11巻44話)

その経験が活きたのか、彼女は走る鎧の足を的確に一発で止め、ライナーは地面につんのめります。104期に残された雷槍は3本。左足が再生する前にカタを付けなければ・・・!

足止めしていては勝てない。殺すしかない。

意を決した104期たちが咄嗟に立てた作戦は、サシャとコニーが雷槍で鎧のアゴを左右から爆破。口が開いた所へミカサが柔らかい喉からうなじへ向けて雷槍を放って爆殺で決まり! あ、ジャンはサシャとコニーのために囮役な!

時間がない。作戦は即時決行されます。鎧が振り払った腕で民家の屋根がバラバラになり、その破片に巻き込まれたジャンとサシャが負傷、サシャの雷槍は命中せず。コニーは左アゴを爆破したものの口は半開きで十分な隙間があるとは言えません。ミカサの超人的な身体能力ならできるか・・・? いずれにせよ、今ここでやるしか無いのですが。

その時、不意に現れた謎の人影が新たに雷槍を発射。鎧の右アゴを綺麗に撃ち抜き、予定通り喉が丸見えになります。

「今だ!ミカサ!」

げえーっ! お、お前は!! ハンジーーーー!!

頭から血を流している以外は普通に五体満足でピンピンしていたハンジ。ちょっと気を失っていた程度のようです。ミカサはさすがの動きで鎧の腕をかい潜り口元へ到達、即射撃。至近距離での雷槍爆破によりさしもの鎧もうなじを喉側から粉々に粉砕され、ライナーはまるでベイルアウトの如く弾き出されてしまいます。

アルミンの秘策

 

壁の方へ向かった超大型巨人を止めろ!→よし!とりあえず突撃だ!→壁に蹴り飛ばされて昏倒

往年のジャンプ漫画をリスペクトしたかのような吹っ飛ばされ方で壁に叩きつけられ、意識不明に陥っていたエレンですが、アルミンがある秘策を持って単身で接近。エレンを叩き起こします。

前号までのおさらいです。超大型巨人は動きが鈍重で小回りが効かず、土木工事的なぶちかましは得意ですが敵に接近され立体機動で波状攻撃をかけられると対応しきれない。そのため防御策として「肉体を高熱の蒸気に変えて噴出させ、周囲の敵を吹き飛ばす」という手段を用います。

またエレンの巨人化実験により、連続で巨人化できるエネルギーには限りがあり、本体の疲労や負傷とも関係していることが分かっています。

アルミンの観察によると、目の前にいる超大型は出現時より肉が減って痩せており、長期戦で熱を放出しつづけることは難しいと推測される。そしてエネルギー切れになればすぐには復帰できない。

ここに勝機を見出したアルミンは、エレンと自分だけで超大型を仕留めると宣言。その間はミカサやジャンたちに鎧を引き付けるよう指示しました。ここまでがおさらい。鎧は足止めどころか復帰したハンジの助けもあって撃墜済ですね。

さてトロスト区奪還の時とは違い、壁上で寝ていたエレンはすんなり目覚めます。アルミンは作戦を伝え、ゆっくり近づいてくる超大型に対峙したものの、エレンはバランスを崩し壁から落下。どうやらまだダメージが残っており、立ち上がることすら困難な様子。

それを見るベルトルトの眼は深い暗さをたたえ、そこから感情の起伏を読み取ることはできません。淡々と、目の前の些末な生死にとらわれることなく、全てを諦めたような顔でアルミンへ腕を伸ばす超大型巨人。

アルミンは立体機動で正面から超大型の面前へ接近。ベルトルトは定石通り熱風で応戦、アルミンを吹き飛ばそうとします。超大型は肉体の一部分だけを熱に変換するといった器用なことはできないらしく、頭からつま先までの全身から一気に蒸気を吐き出しており、確かにこれを長時間続けるとなると消費エネルギーはさぞ大きなものだろうと思われます。

アルミンは超大型の顔の中でも、むき出しになっている歯にアンカーを刺しています。骨格部分は熱に変換されないため溶けずに残り、アンカーも抜けずにアルミンは流れるプールに逆らって泳ぐ範馬勇次郎のような状態で固定。

熱と風圧で近づくことはできませんが、吹き飛ばされもしない。昔のクーラーや扇風機についていた謎のヒラヒラ?を思い出します。